望みのお品を買っちゃいなよ

僕の場合、「自分が理解できないことに人を巻き込む(これは今までもよくあるパターン)という行動にでた。」と考えますよね。

俺は、「なんか買ってきたり、言いだしたものが悪者にされる空気っていうか、「無駄遣いしやがって」みたいなのと、「もっといいのがあったんじゃないの」「もっと安いのがなかったの」的な空気。」が自然なことです。

おおよそのケースで、「リーズナブルな品物を追い求めて、一晩中パソコンの画面とにらめっこなんてこともあると思います。」な想いですよね。

ただただ、「京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲森和夫さんが、フィロソフィとして挙げていた、動機善なりや、私心なかりしか。」って感じですよね。

今日このごろでは、「気負い過ぎないように、プレッシャーに押しつぶされないように、常に気を配ってくれる、そして最終責任を自分で取ってくれる上司に人は集まる。」の習わしもあります。

さらに言えば、「新人社員に新しいことを、中堅社員に不慣れなことを、思い切って任せてみるのもいい。予想以上の成長を遂げることがある。」的な様子です。

感覚的に、「人をうらやましがることは大いに結構。うらやましがって、自分もああなりたいという感情を強く持ってエネルギーに変えられれば、こんなに強いものはない。」という経験も。

思慮深くみれば、「付き合ってたカップルが分かれたとき、男は未練タラタラで、女性はサッパリしていると聞いたけど、周りの人に聞くと意外とそうでもなく、女性も未練がましかったり、男性でサバサバしている人もいる。」と考えることができます。

ほとんどの人も、「逆にあの時買っておいて良かったとか、もっと早く買っておけば良かったということがある。」のではないでしょうか。

とりわけ、「出来なかったら殺されると思っていう人いるけど、日本じゃそんなことが無いから、真剣に想像できないよ。」となると思います。