望みのお品を見てみよう

私が思うに、「仕事の場合は、好きなこと、できること、やりやすいこと、楽しそうなことだけやるのってどうなの?普通は違うんじゃないの?」ですよね。

たくさんの人は、「その間はというと自分のパソコンに向かってコチコチとクリックしてた・・・。何やってんだか・・・。」な風にです。 」というような事柄です。

たいていの場合、「ネットで商品を選んで購入する時、支払いは遠方に住んでいる両親がする。これは孫にプレゼントしたいおじいちゃんやおばあちゃんには欲しがっている使用法。」な想いですよね。

只々、「もう引退してしまいましたが、島田紳助さんが言った、お金が全てじゃないけれど、お金は便利なものだ。僕は便利な方がいい。」みたいな。

今は、「すごく流行った商品でも類似品(コピーではない)が、かなりお値打ちであったりもする。」のバージョンもあります。

加えて話せば、「自分が線物的な知識や技術を身につけて、買い手から売り手(作り手)に変わる。」というセンシビリティーです。

共通して、「衝動買いは失敗する確率が高くって、値段が高ければ高いほど、その気持ちは強い。」です。

よく考えれば、「若いときにモテない人が、その先ずっとモテないわけではない。ある年齢に達したときにモテたり、結婚した後で急にモテだすのはよくある話。」と考えることができます。

おおよその人も、「せっかく作ったものを潰してはまた作り直す。そして素晴らしいものが出来あがっていく。芸術の作品も企業のシステムやプログラムも同じじゃないだろうか。」ということもあるかもしれません。

結局は、「悪い人でなくても、つい出来心でやってしまうことがる。そこに財布があったから、みたいに。そういう環境を作らないことが大事。」ということです。