望みのお品見つけました

僕が思うに、「今までに見たことがない、ナイスな新プラントとおすすめプランのお知らせがあります。」と思いますよね。

概して、「ネットの世界でも違法ダウン(アップ)ロードとかが商売になって横行してしまった。そういうことが無い世界だったら、今よりもっと規制がなくって自由なはず。」というと分かりますかね。

たいていの場合、「○○円で食べ放題とかに行った時に、元を取らなきゃということで、原価の高いものをガツガツ食べる。」な思いですよね。

一例ですが、「京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者である稲森和夫さんが、フィロソフィとして挙げていた、動機善なりや、私心なかりしか。」って感じですよね。

この頃では、「昇進をあきらめた上司が必死に会社のために役に立つ仕事をしていると、部下は魅かれる。なぜ、あの人が上に行かないのだろうと、押し上げてくれるほどの働きもする。」の形態もあります。

なお深く言えば、「ある一定の方向~しか物事が見れないと、良いと思ってとった行動でも他方から見ると、迷惑だったり、意地悪だったりする。」のようです。

多くの場合、「仕事上で尊敬できない年上の方を好きになるためには、その人のプライベートものぞいてみると良い。」っていう話です。

これは本当に欲しいものかどうか、この先ずっと使うものなのか、すぐに飽きていらなくなるものなのか、しばらくすると邪魔になるものなのか分かる。」という考えもあります。

たくさんの人も、「利他主義を前面に押し出している人に限って実は利己主義で小心者であることが多い。」という体験があるのでは。

決定づけるのは、「自分にとって本当に必要なものかをまずは見極めて、その価格が妥当なのか、本当に特別な値段なのかを見極める。」となるんじゃないでしょうか。